多重化装置及び多重化方法、分離装置及び分離方法、並びにプログラム

開放特許情報番号
L2014000611
開放特許情報登録日
2014/4/11
最新更新日
2014/4/11

基本情報

出願番号 特願2010-087476
出願日 2010/4/6
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-223131
公開日 2011/11/4
登録番号 特許第5430477号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 多重化装置及び多重化方法、分離装置及び分離方法、並びにプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 パケット単位に時分割多重する技術、及び、パケット単位に時分割多重されたトランスポートストリームを分離する技術
目的 複数のTSに対して伝送路のタイムスロットを固定的に割り当て、時分割多重し、多重フレーム及びスーパーフレームを構成して伝送するシステムにおいて、伝送効率の低下を抑え、スーパーフレームの同期確立に要する時間を短縮可能な多重化装置及び多重化方法、分離装置及び分離方法、並びにプログラムを提供する。
効果 スーパーフレームを構成する多重フレームは、トランスポートストリームの速度に基づいた適切な数となるから、スーパーフレームの数が予め設定されている場合に比べ、スーパーフレームのサイズを小さくすることができる。したがって、伝送効率の低下を抑えることができ、分離装置において、スーパーフレームの同期確立に要する時間を短縮することができる。
技術概要
複数のトランスポートストリームに対して伝送路のタイムスロットを固定的に割り当て、前記トランスポートストリームを時分割多重し、1個以上の多重フレームからなるスーパーフレームを生成して前記伝送路へ出力する多重化装置において、
複数のトランスポートストリームの速度に基づいて、スーパーフレームを構成する多重フレームの数を決定し、前記多重フレームのデータスロットに前記複数のトランスポートストリームを格納する際の、それぞれのトランスポートストリームに割り当てるスロットの数及び位置が規定されたスロット割り当て情報を生成するスロット割り当て部と、
前記スロット割り当て情報に基づいて、前記トランスポートストリームの速度を変換する速度変換部と、前記スロット割り当て情報を含む多重フレームヘッダを生成するヘッダ生成部と、前記スロット割り当て情報に基づいて、前記速度変換されたトランスポートストリームを前記多重フレームのデータスロットに格納して多重化し、前記多重フレームヘッダを前記多重フレームのヘッダスロットに格納し、前記多重フレーム数分の多重フレームからなるスーパーフレームを生成する多重化部と、を備えたことを特徴とする多重化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT