分割三次元オブジェクトデータ抽出装置、要素画像生成装置、分割三次元オブジェクトデータ抽出プログラム、および要素画像生成プログラム

開放特許情報番号
L2014000608
開放特許情報登録日
2014/4/11
最新更新日
2014/4/11

基本情報

出願番号 特願2010-059320
出願日 2010/3/16
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-191645
公開日 2011/9/29
登録番号 特許第5384404号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 分割三次元オブジェクトデータ抽出装置、要素画像生成装置、分割三次元オブジェクトデータ抽出プログラム、および要素画像生成プログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出、制御・ソフトウェア
適用製品 分割三次元オブジェクトデータ抽出装置、要素画像生成装置、分割三次元オブジェクトデータ抽出プログラム、および要素画像生成プログラム
目的 三次元オブジェクトデータから要素画像群を生成する処理について、さらなる高速化をはかることのできる、分割三次元オブジェクトデータ抽出装置、要素画像生成装置、分割三次元オブジェクトデータ抽出プログラム、および要素画像生成プログラムを提供する。
効果 三次元オブジェクトデータから要素画像群を生成する処理について、さらなる高速化をはかることができる。
技術概要
表示部の前面に設けられたレンズアレイを通してフレーム画像を立体画像として表示するインテグラル・フォトグラフィ方式による立体画像表示装置において用いられる分割三次元オブジェクトデータを抽出する分割三次元オブジェクトデータ抽出装置であり、
前記立体画像を構成するポリゴンに含まれる複数の頂点それぞれの三次元座標値を示す三次元オブジェクトデータから、前記フレーム画像の画像領域が前記レンズアレイに含まれる所定範囲の要素レンズ群に対応して分割された分割画像領域における前記立体画像を、前記所定範囲の前記要素レンズ群によって再現可能な第1空間領域と、前記レンズアレイが配列された面に対して前記第1空間領域と面対称な第2空間領域とからなる前記空間分割領域に、前記頂点が含まれる前記ポリゴンを抽出する分割三次元オブジェクトデータ抽出部
を備え、
前記所定範囲の前記要素レンズ群が所定の焦点距離を有する要素レンズからなることを特徴とする分割三次元オブジェクトデータ抽出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT