トラック(トレーラー)の車内に設置できるシャワーユニット

開放特許情報番号
L2014000580
開放特許情報登録日
2014/4/2
最新更新日
2014/4/2

基本情報

出願番号 実願2013-007361
出願日 2013/12/26
出願人 奥山 貴弘
登録番号 実用第3189423号
特許権者 奥山 貴弘
発明の名称 車載シャワーユニット
技術分野 輸送、生活・文化
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 製品そのものになりうる
目的 ドライバーの疲労軽減、熟睡、眠気覚まし等から事故防止。週末ぐらいしか家に帰れない長距離の運転手や、それに準ずるドライバーは、風呂に入る事が難しい。職業運転手の車中泊に足りなかった物を補う。
効果 ドライバーの生活レベル、モラル、マナー等の質向上。事故減少。
技術概要
トラックの車内は、冷暖房がよく効き、四方をカーテンレールが標準装備されていて完全にプライベート空間になる。助手席はほぼ、デッドスペースになっている事がほとんどでそこを利用する。またシャワーカーテンをめくった状態で安全窓の視界も遮る事なく設置したまま運転できる。予め汲んでおいた水を24V、12V、又はインバーター等で時間をかけて湯にするか、タンクが鍋底のようになっており車中泊で使うカセットコンロにも対応。シャワーは、少量の水でも水圧が得られポンプ式、排水は主に半ドアのスキマを利用。湯は貯められて、座面は洗濯板になりカーテンレールに干せる側面も併せもつ。運転中タンクは足元に納まる。また普及を考え、構成するパーツは簡素で設置も工賃不要な物がよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【不要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【否】 

アピール情報

アピール内容 日本弁理士会の特許出願等援助制度で採用された案件です。

登録者情報

登録者名称 奥山 貴弘

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】

事業化情報

事業化条件
マーケット情報 【有】全国の営業用長距離貨物輸送車は約38万台(大型車のみで)京都議定書調べ。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT