波面制御器の動作量制御方法およびホログラム再生装置

開放特許情報番号
L2014000571
開放特許情報登録日
2014/3/28
最新更新日
2014/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-022190
出願日 2010/2/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-158825
公開日 2011/8/18
登録番号 特許第5394275号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 波面制御器の動作量制御方法およびホログラム再生装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 波面制御器の動作量制御方法およびこれを利用したホログラム再生装置
目的 再生時参照光の波面を最適化するのに要する時間の短縮化と波面精度の向上を達成し得る波面制御器の動作量制御方法およびホログラム再生装置を得る。
効果 本発明に係る波面制御器の動作量制御方法およびホログラム再生装置によれば、反射鏡面の動作範囲が必要以上に広くなったり狭すぎたりすることなく、該動作範囲を適切に設定することが可能となり、再生時参照光の波面を最適化するのに要する時間(補償時間)を短縮化しつつ波面精度を向上させることができる。
ホログラム記録媒体に高密度に多重記録されたデータの良好な再生が可能となるので、従来のものよりも大容量での記録再生が可能となる。
技術概要
信号光、記録時参照光およびホログラム記録媒体の相対位置関係と、該相対位置関係に基づくブラッグ条件と、ホログラム記録媒体の収縮率とに基づき、再生時参照光の波面を最適化するために必要な波面制御器21の薄膜ミラー51の動作量の最大値を予測し、該最大値を、波面を最適化する過程における薄膜ミラー51の動作範囲を制限するための動作制限値に設定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT