撮影用ハンディクレーン

開放特許情報番号
L2014000570
開放特許情報登録日
2014/3/28
最新更新日
2014/3/28

基本情報

出願番号 特願2010-018058
出願日 2010/1/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-160053
公開日 2011/8/18
登録番号 特許第5395693号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮影用ハンディクレーン
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 撮影用ハンディクレーン
目的 人手により持ち運びでき、被写体の正面側から俯瞰側までの移動のサポートができ、電源がなくても動作する撮影用ハンディクレーンの提供。
効果 撮影ハンディクレーンは、電源がなくてもカメラマンの操作で容易に撮影カメラを安定した状態で、予め設定された弧を描く軌道において移動でき、被写体の正面側からの俯瞰側、見上げ側等、垂直方向の移動において、被写体に対して近接及び離間も容易に行うことができる。
撮影カメラの移動を予め設定された弧を描く軌道の全てにおいてスムーズにすることができる。
チェーンベルトの押圧状態を自在に変更して撮影カメラの重量に最適な状態に調整することができる。
使用により押圧状態が変化することを防止する。
技術概要
撮影用ハンディクレーン1は、本体部3に支持脚2を取付けて設置されると共に、撮影カメラCmを支持して予め設定された軌道上を移動して撮影可能であって、駆動機構10と、第1支持アーム20と、第2支持アーム30と、を備え、駆動機構は、第1歯車4と、第2歯車5と、伝達手段6と、第1歯車と供回りする第1接続シャフト7と、第2歯車と供回りする第2接続シャフト8と、を備え、第1支持アームは、第1接続シャフトに直交して固定される第1アーム部21と、この第1アーム部に設けたカメラ支持部25を有し、第2支持アームは、第1接続シャフトの他方に直交して第1アーム部と異なる角度で設けた第2アーム部26と、この第2アーム部の一端側に設けたウエイト支持部27を有する構成。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT