蛍光測定用基板

開放特許情報番号
L2014000531
開放特許情報登録日
2014/3/25
最新更新日
2017/3/30

基本情報

出願番号 特願2012-102994
出願日 2012/4/27
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2013-231639
公開日 2013/11/14
登録番号 特許第5988239号
特許権者 学校法人 東洋大学
発明の名称 蛍光測定用基板
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 蛍光測定用基板
目的 蛍光分析に十分な表面増強率を有し、かつ強固な構造を有する蛍光測定用基板を提供する。
効果 伝播型表面プラズモン共鳴よる表面増強効果を得ることができる。また、在型プラズモン共鳴による表面増強効果を得ることができる。
このように、伝播型表面プラズモン共鳴とよる表面増強効果と局在型プラズモン共鳴よる表面増強効果の相乗効果により、微量サンプル中の低濃度検体を測定する場合であっても、十分な信号強度を得ることができる。
また、金属層により、各微粒子が基板上に強固に固定され、強靭な構造の蛍光測定用基板を提供することができる。
技術概要
基板1の上に複数の微粒子2が固相化されており、複数の微粒子2をすべて覆うように、基板1上に金属層3が連続的に形成されている。連続的に形成された金属層3の一部には、突起部4が形成されている。前記金属層3は、前記基板の表面から前記微粒子表面にかけて連続的に形成されており、前記複数の微粒子2は、誘電体である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT