母乳中サイトカイン/ケモカイン値に基づく乳児アトピー性皮膚炎の発症予知

開放特許情報番号
L2014000461
開放特許情報登録日
2014/2/28
最新更新日
2014/2/28

基本情報

出願番号 特願2011-102014
出願日 2011/4/28
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2012-233777
公開日 2012/11/29
発明の名称 母乳中サイトカイン/ケモカイン値に基づく乳児アトピー性皮膚炎の発症予知
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、有機材料
機能 検査・検出
適用製品 母乳中サイトカイン/ケモカイン値に基づく乳児アトピー性皮膚炎の発症予知方法、及びそれに使用する診断薬
目的 母乳中に含まれる多様なサイトカイン/ケモカインのレベルと、アトピー性皮膚炎の発症との関連性を明らかにし、これに基づき、母乳中サイトカイン/ケモカイン値に基づく乳児アトピー性皮膚炎の発症予知方法を提供する。
効果 母乳中サイトカイン/ケモカイン値に基づき、乳児アトピー性皮膚炎の発症リスクを高い精度で評価することが可能である。また、本発明によれば、乳児のアトピー性皮膚炎の発症を予防する候補物質をスクリーニングすることができる。
技術概要
乳児のアトピー性皮膚炎の発症リスクを判定する方法であって、
(1)当該乳児が摂取する初乳中のIL−1β、IL−6、IL−7、IL−12p40、IL−13及びMIP−1αからなる群から選択される少なくとも1つのサイトカイン、或いは当該乳児が摂取する成熟乳中のIL−1α、IL−4、IL−6、IL−7、IL−12p40、エオタキシン、G−CSF、GM−CSF、IFN−α2及びMIP−1αからなる群から選択される少なくとも1つのサイトカイン又はケモカインの濃度を測定すること;及び
(2)(1)において測定したサイトカイン又はケモカインの濃度と、当該乳児のアトピー性皮膚炎の発症リスクとを相関付けることを含む、方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT