植物栽培担体

開放特許情報番号
L2014000460
開放特許情報登録日
2014/2/28
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2011-117720
出願日 2011/5/26
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2012-244921
公開日 2012/12/13
登録番号 特許第5794673号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 植物栽培担体
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 植物栽培担体
目的 建築物の周囲に均等に繁殖させることが容易となり、また通常時の手入れや植物が枯れた場合の除去等のメンテナンスが簡単となる植物栽培担体を提供する。
効果 建築物の周囲に均等に繁殖させることが容易となり、また通常時の手入れや植物が枯れた場合の除去等のメンテナンスが簡単となる植物栽培担体を提供することができる。
常時水を保持することが可能となり、通常時の手入れが容易となるとともに、植物は植物栽培担体のゲル層に根を張るため、植物が枯れた場合、本植物栽培担体を除去するだけで植物を除去することができ、簡易なメンテナンスが可能となる。
技術概要
施肥要素を含む芯部材2と、芯部材2の周囲に配置される第一のゲル層3と、第一のゲル層3の周囲に配置され、種子を含む第二のゲル層4と、第二のゲル層4の周囲に配置されたロープ層5と、を有する植物栽培担体とする。なおこの場合において、芯部材2は、植物繊維支持体に、施肥要素を含浸させたものであることが好ましい。また、この場合において、芯部材2の延伸する方向に沿って、複数の支持部材が配置されていることも好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT