テトラヒドロ−β−カルボリン誘導体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014000453
開放特許情報登録日
2014/2/28
最新更新日
2015/1/21

基本情報

出願番号 特願2010-263276
出願日 2010/11/26
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2012-111724
公開日 2012/6/14
登録番号 特許第5649170号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 テトラヒドロ−β−カルボリン誘導体及びその製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 テトラヒドロ−β−カルボリン誘導体及びその製造方法
目的 テトラヒドロ−β−カルボリン誘導体を合成する手法を確立する。
効果 本発明により、従来報告のない新規なテトラヒドロ−β−カルボリン化合物を短工程で効果的に得ることができ、多様な化合物の合成・供給が可能になる。
また、高度に官能基化されたテトラヒドロ−β−カルボリン化合物を高い立体選択性で供給できることから、医薬・農薬の開発と生産に有用であり、産業上の利用可能性がある。
技術概要
 
式(2)で示されるテトラヒドロ−β−カルボリン誘導体。
(ここでR↑1、R↑2は、アリ−ル基、アルキル基、R↑3はアリ−ル基である。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT