脳機能計測装置及び脳機能計測方法

開放特許情報番号
L2014000386
開放特許情報登録日
2014/2/20
最新更新日
2015/7/29

基本情報

出願番号 特願2013-241119
出願日 2013/11/21
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-100410
公開日 2015/6/4
発明の名称 脳機能計測装置及び脳機能計測方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 脳機能計測装置及び脳機能計測方法
目的 より少ない数のプローブ等の探知手段によって効率的な脳機能の計測を実現して被験者の負担を軽減する脳機能計測装置及び脳機能計測方法を提供する。
効果 本発明によれば、より少ない数のプローブ等の探知手段によって効率的な脳機能の計測を実現し、被験者に対する負荷を軽減できる脳機能計測装置及び脳機能計測方法を提供することができる。
技術概要
一体的に形成され選択的に動作する光照射部と光検出部とを含み、被験者の頭部において規則的に配置された複数の探知手段と、
いずれの時刻においても、前記光照射部から照射された光を検出する全ての前記光検出部が、隣接する一つの前記探知手段に含まれた前記光照射部から照射された光だけを検出するよう各々の前記探知手段に含まれた前記光照射部と前記光検出部を選択的に動作させる制御手段と、
前記光検出部で検出された前記光の強度を計測する計測手段とを備えた脳機能計測装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT