補強土壁

開放特許情報番号
L2014000334
開放特許情報登録日
2014/2/17
最新更新日
2015/8/14

基本情報

出願番号 特願2012-195918
出願日 2012/9/6
出願人 前田工繊株式会社、独立行政法人土木研究所
公開番号 特開2014-051805
公開日 2014/3/20
登録番号 特許第5207496号
特許権者 前田工繊株式会社、国立研究開発法人土木研究所
発明の名称 補強土壁
技術分野 土木・建築
機能 環境・リサイクル対策、その他
適用製品 擁壁、植生、補強盛土、凍上抑制
目的 寒冷地における盛土地盤の凍上抑制と擁壁の破損防止を図り、併せて良好な植生環境を確保できる補強土壁である。
効果  本発明は、凍上抑制層をそれぞれ単独で断熱性を有する硬質粒体および堆肥で構成することで、凍上抑制層の断熱性能を大幅に改善出来るだけでなく、凍上抑制層を植生基盤として緑化することができる。また、断熱性能の向上により従来の砕石層とくらべ凍上抑制層を薄層にでき経済的に施工できる。さらに、寒冷地であっても壁面材が鋼製タイプの場合にも緑化することができる。凍上抑制層が貧栄養状態を長期間に亘って持続するので、緑化植物の維持管理を省略しても複数年に亘る長期緑化を実現できる。
技術概要
 本発明は、擁壁を構成する複数の壁面材と、壁面材の裏面側に階層的に形成した盛土層の中に補強材を敷設して補強するとともに、補強材の一端を壁面材の裏面に接続した補強盛土と、壁面材の裏面と補強盛土の前面との間に形成した凍上抑制層とを具備した補強土壁であって、凍上抑制層をそれぞれ単独で断熱性を有する硬質粒体と堆肥との混合物で構成し、凍上抑制層を植生基盤として壁面材の前面を緑化したことを特徴とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT