OFDM信号合成用受信装置

開放特許情報番号
L2014000327
開放特許情報登録日
2014/2/10
最新更新日
2014/2/10

基本情報

出願番号 特願2009-295721
出願日 2009/12/25
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-135540
公開日 2011/7/7
登録番号 特許第5235857号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 OFDM信号合成用受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 OFDM方式を用いるデジタル放送、OFDM信号合成用受信装置
目的 本来受信すべき希望波を抑圧し続けることなく、希望波を受信するために干渉波を抑圧することが可能なOFDM信号合成用受信装置を提供する。
効果 本発明によれば、本来受信すべき希望波を抑圧することなく、希望波を受信するために干渉波を抑圧することが可能となる。
技術概要
制御部19は、同期再生部18からの同期確立状態信号に基づいて同期確立状態を判定し、D/U測定部15からのD/Uに基づいて、希望波の受信電力が干渉波の受信電力よりも大きい状態を判定し、初期化制御信号を重み係数算出部17および同期再生部18に出力して、重み係数算出部17および同期再生部18を初期化する。干渉波のみが送信されているときは同期確立状態になっており、希望波の送信が始まって希望波の受信電力が干渉波の受信電力よりも大きくなったときは、同期確立状態のままD/Uが負となる。したがって、制御部19は、干渉波のみが送信されている状態から、希望波の送信が始まって希望波の受信電力が干渉波の受信電力よりも大きくなった状態への変化を検出することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT