対訳辞書拡張装置、及び、対訳辞書拡張プログラム

開放特許情報番号
L2014000320
開放特許情報登録日
2014/2/10
最新更新日
2014/2/10

基本情報

出願番号 特願2009-266059
出願日 2009/11/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-113110
公開日 2011/6/9
登録番号 特許第5323650号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 対訳辞書拡張装置、及び、対訳辞書拡張プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 日本語−手話対訳辞書の対訳語彙数を増加させる技術
目的 類義語の信頼性を高め、さらに、類義語についてその類義語信頼度を計算することにより、日本語−手話対訳の適切さを求めることを可能とする技術を提供する。
効果 日本語語彙に対して、複数の類義語辞書を用いることによって、編集者の主観を排除して、手話語彙の存在する客観性の高い類義語を得ることができる。
また、日本語語彙に対して、複数の類義語が得られた場合にも、類義語とともに類義語信頼度を出力することによって、より適切な類義語を求めることができる。
さらに、類義語信頼度を大きくすることができるので、より適切な類義語を求めることができる。
本発明は、手話辞書構築、手話翻訳、手話学習など、手話と日本語との自然言語処理に関する技術に利用することができる。
技術概要
対訳辞書拡張装置1は、入力手段10と、複数類義語辞書記憶手段20と、入力した日本語語彙と類義語辞書ごとの類義語とを記憶する類義語記憶手段40と、入力した日本語語彙に対して、各類義語辞書から類義語を検索し、類義語記憶手段40に類義語辞書ごとの類義語を出力する複数類義語辞書検索手段30と、手話語彙辞書記憶手段50と、類義語記憶手段40に記憶されている類義語に対して、手話語彙辞書から手話語彙を検索し、対応する手話語彙がない類義語を類義語記憶手段40から削除する手話語彙辞書検索手段60と、削除されなかった類義語について類義語信頼度を計算し、類義語とその類義語信頼度とを出力する類義語信頼度計算手段70と、出力手段80とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT