音響インピーダンス測定装置及び音響インピーダンス測定方法

開放特許情報番号
L2014000245 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2014/2/5
最新更新日
2014/2/5

基本情報

出願番号 特願2008-060318
出願日 2008/3/10
出願人 本多電子株式会社
公開番号 特開2009-216522
公開日 2009/9/24
登録番号 特許第5326132号
特許権者 本多電子株式会社
発明の名称 音響インピーダンス測定装置及び音響インピーダンス測定方法
技術分野 その他
機能 検査・検出、その他
適用製品 超音波を利用した音響インピーダンス測定装置
目的 超音波の集束角による測定誤差を補正して、迅速かつ正確に音響インピーダンスを測定することができる音響インピーダンス測定装置の提供。
効果 超音波の集束角による測定誤差を補正して、迅速かつ正確に音響インピーダンスを測定することができる。
技術概要
 
超音波画像検査装置において、超音波トランスデューサは、樹脂プレートの上面に超音波の焦点を合わせた状態で超音波伝達媒体及び樹脂プレートを介して下面側から生体組織に対し、有限の集束角を有する超音波の集束ビームを照射するとともに、生体組織からの反射波を受信して電気信号に変換する。パソコンのCPUは、樹脂プレートの音響インピーダンスと生体組織からの反射波信号とに基づいて生体組織の音響インピーダンスを求め、超音波の集束角を考慮してその音響インピーダンスを補正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 迅速かつ正確に測定することができる。

登録者情報

登録者名称 本多電子株式会社

技術供与

掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 日本音響学会(2013年)

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT