樹脂配合用繊維材料を用いた樹脂組成物及びその成形品並びにその成形品の製造方法

開放特許情報番号
L2014000214
開放特許情報登録日
2014/1/29
最新更新日
2014/1/29

基本情報

出願番号 特願2001-261560
出願日 2001/8/30
出願人 北越紀州製紙株式会社
公開番号 特開2003-073988
公開日 2003/3/12
登録番号 特許第4721149号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 樹脂配合用繊維材料を用いた樹脂組成物及びその成形品並びにその成形品の製造方法
技術分野 繊維・紙
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 紙含有樹脂組成物 ペレット
目的 環境に有害な恐れのある塩素含有物質を極力減らしたパルプ又は紙を用いた樹脂配合用繊維材料及びそれを用いた樹脂組成物並びに成形品及びその製造方法を提供し併せて成形品の特性向上を図る
効果 環境に有害な恐れのある塩素含有化合物を極力減らした樹脂組成物が得られ、焼却処理時のダイオキシン等の有害物質発生を極力抑制できる。
技術概要
 
ECFパルプ若しくはTCFパルプを用いて抄紙して得た塗工紙又は白色度65%以上の非塗工紙の全塩素含有率は500ppm以下であり、かつ有機塩素量が150ppm以下であって、20〜200メッシュパスに粉砕された前記塗工紙又は非塗工紙からなる樹脂配合用繊維材料の含有率が51〜70重量%と、塩素をその構造中に含まない熱可塑性樹脂の含有率が49〜30重量%とを主成分として配合した樹脂配合用繊維材料を含有した樹脂組成物。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT