樹脂シート状物およびその製造方法

開放特許情報番号
L2014000205
開放特許情報登録日
2014/1/29
最新更新日
2014/1/29

基本情報

出願番号 特願2010-096086
出願日 2010/4/19
出願人 公益財団法人神奈川科学技術アカデミー
公開番号 特開2011-224850
公開日 2011/11/10
発明の名称 樹脂シート状物およびその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 樹脂シート状物
目的 表面に微細な凹凸パターンが形成された樹脂シート状物の効率的な製造方法を提供する。
効果 サイズの均一な突起または窪みが配列した所望の微細凹凸パターンが表面に形成された樹脂シート状物を効率よく連続的に製造でき、様々な分野への応用が期待できる有用な樹脂シート状物を提供することができる。
技術概要
表面に陽極酸化ポーラスアルミナまたはそれを鋳型として作製した凹凸パターンが形成された回転冷却ロール上に、溶融樹脂をスリットからシート状に連続的に押し出し、冷却ロール表面の凹凸パターンを溶融樹脂に転写した後冷却固化することを特徴とする、表面に微細な凹凸パターンが形成された樹脂シート状物の製造方法、およびその方法により製造された樹脂シート状物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT