データ分類装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2014000185
開放特許情報登録日
2014/1/24
最新更新日
2014/1/24

基本情報

出願番号 特願2009-173649
出願日 2009/7/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-028519
公開日 2011/2/10
登録番号 特許第5367488号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 データ分類装置及びプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 複数の特徴量を属性に持つデータを、決定木を用いてカテゴリに分類するための装置及びプログラム
目的 決定木を用いてデータをカテゴリに分類する際に、分類精度だけでなく計算コストも考慮した決定木を生成し、データ分類のための処理時間を短くすることが可能なデータ分類装置及びプログラムを提供する。
効果 分類精度だけでなく計算コストも考慮した効果的な決定木を生成することができる。したがって、精度の高いデータ分類を実現することに加え、データ分類の処理時間を短くすることが可能となる。
技術概要
特徴量算出部2は、学習データから特徴量を計算し、その特徴量の計算に要した平均コスト(計算コスト)を算出する。決定木学習部3は、学習データに対する分類精度の低さを示す不純度と、特徴量の計算コストの逆数とに基づいて評価値を算出し、評価値が最大となる内部ノード及び特徴量を探索することにより、決定木を生成する。これにより、分類精度だけでなく計算コストも考慮した決定木を生成することができる。データ分類部5は、分類対象のデータを入力し、決定木学習部3により生成された決定木を用いて、根ノード及び内部ノード毎に特徴量を計算して分岐を行い、到達した葉ノードが示すカテゴリを分類結果として出力する。これにより、計算コストも考慮した決定木を用いるから、処理時間が短くなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT