代表静止画像抽出装置およびそのプログラム

開放特許情報番号
L2014000164
開放特許情報登録日
2014/1/24
最新更新日
2014/1/24

基本情報

出願番号 特願2009-254049
出願日 2009/11/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-101173
公開日 2011/5/19
登録番号 特許第5302855号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 代表静止画像抽出装置およびそのプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 代表静止画像抽出装置およびそのプログラム
目的 ニュース番組映像から、ニュースの内容を視覚的に把握することが可能な代表静止画像を抽出する代表静止画像抽出装置を提供する。
効果 ニュース番組映像のニュース項目をコンパクトに、しかも分かり易くユーザに提示することが可能な画像を抽出することができる。
ニュース番組映像内において、特定人物(例えば、アナウンサ)以外の人物である出演者が、中心となって発話している映像のシーンを、内容を視覚的に把握することが可能な映像のシーンとして抽出することができる。
端的に内容を表す1枚の大代表静止画像を提示することができるため、大量のニュース番組映像から、効率よく所望のニュース項目を探索することが可能になる。
技術概要
代表静止画像抽出装置1は、ニュース番組映像のショットの境界を検出するショット境界検出手段10と、スタジオが映っていないショットをスタジオ外ショットとして検出するスタジオ外ショット検出手段20と、代表静止画像の候補となる画像を抽出するための代表候補ショットを検出する代表候補ショット検出手段30と、代表候補ショット検出手段30で代表候補ショットが1以上検出された場合、当該検出された代表候補ショットから所定番目のフレーム画像を代表静止画像として抽出し、代表候補ショットが検出されなかった場合、スタジオ外ショットから所定番目のフレーム画像を代表静止画像として抽出する静止画像抽出手段50と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT