ホログラム記録再生システムのノイズ測定方法

開放特許情報番号
L2014000152
開放特許情報登録日
2014/1/24
最新更新日
2014/1/24

基本情報

出願番号 特願2009-219544
出願日 2009/9/24
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-070720
公開日 2011/4/7
登録番号 特許第5100729号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ホログラム記録再生システムのノイズ測定方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ホログラム記録再生システムのノイズ測定方法
目的 実システム内における発生要因別のノイズ量を高精度に算定し得るホログラム記録再生システムのノイズ測定方法を得る。
効果 本発明によれば、ホログラムを利用した情報記録再生技術の研究・開発において、光学系・媒体材料・信号処理まで含めたトータルの計算機システム設計を通じ、より高性能なホログラム記録再生システムの早期実現に寄与することが可能となる。
技術概要
通常の記録再生環境の下で復元されたページデータに重畳される通常環境下ノイズを、該復元データの画素輝度値のヒストグラムに基づき算定するともに、この通常環境下ノイズを複数の要因別ノイズの和からなるものとして、該要因別ノイズを未知数とする方程式を設定する。一部の要因別ノイズのみが発生するような各特殊記録再生環境(環境1〜4)の下で撮像された各画像に重畳される特殊環境下ノイズを各画像の画素輝度値のヒストグラムに基づき算定し、その各算定値と通常環境下ノイズの算定値と設定した方程式とに基づき、複数の要因別ノイズの各値を算定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT