紙含有樹脂組成物及びその成形品並びにそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2014000148
開放特許情報登録日
2014/1/23
最新更新日
2014/1/23

基本情報

出願番号 特願2005-228919
出願日 2005/8/5
出願人 北越紀州製紙株式会社
公開番号 特開2007-045863
公開日 2007/2/22
登録番号 特許第4680000号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 紙含有樹脂組成物及びその成形品並びにそれらの製造方法
技術分野 繊維・紙
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 紙含有樹脂組成物 ペレット
目的 従来焼却若しくは繊維分しか利用されていなかった、液体容器の印刷断裁屑や回収された液体容器等の長繊維の針葉樹漂白化学パルプを多く含む再生困難なラミネート紙の全体を再利用して、資源の有効活用を目指した紙含有樹脂組成物を提供する。
効果 ラミネート紙の粉砕粒径を細かくすること無く、粒径の粗い粉砕物と樹脂原料との混練性を改善することで、ラミネート紙の未分散物をなくして均一に混合分散させ、その結果、紙含有樹脂組成物の流動性を改善することによって、ラミネート紙の含有率を増加させても射出成形等の成形性が良好である。
技術概要
 
少なくとも、針葉樹漂白化学パルプを50質量%以上含有する紙の粉砕物及び樹脂としてポリプロピレン又は変性ポリプロピレンのいずれか一方又はその両方を含有し、前記粉砕物と填料を含む紙素材の合計量が51質量%以上であり、かつ、メルトマスフローレイト(MFR)が2.0〜7.0g/10minであ紙含有樹脂組成物。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT