電磁波抑制紙及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014000142
開放特許情報登録日
2014/1/22
最新更新日
2014/1/22

基本情報

出願番号 特願2005-032825
出願日 2005/2/9
出願人 北越紀州製紙株式会社
公開番号 特開2006-222197
公開日 2006/8/24
登録番号 特許第4588477号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 電磁波抑制紙及びその製造方法
技術分野 繊維・紙、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 電磁波抑制紙
目的 めっき槽など設備を追加することなく、通常の紙の製造と同様の工程によって加工することができ、電子部品のクリアランスに差し込むことができるほど薄く且つ軽量で、にもかかわらず所定以上の電磁波抑制効果(電磁波シールド効果)を併せ持つ電磁波抑制紙を提供する。
効果 めっき槽など設備を追加することなく、通常の紙の製造と同様の工程によって加工することができる。また、電子部品のクリアランスに差し込むことができるほど薄く且つ軽量で、にもかかわらず所定以上の電磁波抑制効果を併せ持つ。さらにオーバーコート層を設ければ、塗被層の表面性が良好で、また折れ割れ性にも優れている。
技術概要
 
紙基材の表面に、金属フィラーとして、銅を主成分とした銅合金(主成分である銅に対し、アルミニウム2〜10%、ニッケル2〜5%、ボロン0.001〜0.5%、鉄0.5〜5%、マンガン0.1〜3%、チタン0.001〜1質量%)と、分子量が20万以上の超高分子量のイソブチルメタアクリレートとブチルアクリレートとの共重合体とを主体として含有する導電性塗料層を有し、且つ、全体の厚さを0.3mm以下とする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 5073525
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT