製紙スラッジ灰含有造粒物およびその製造方法

開放特許情報番号
L2014000137
開放特許情報登録日
2014/1/22
最新更新日
2014/1/30

基本情報

出願番号 特願2003-341447
出願日 2003/9/30
出願人 北越紀州製紙株式会社
公開番号 特開2005-103464
公開日 2005/4/21
登録番号 特許第4494747号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 製紙スラッジ灰含有造粒物およびその製造方法
技術分野 繊維・紙、土木・建築、その他
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 製紙スラッジ焼却灰 肥料 建築資材
目的 製紙スラッジ灰の有効利用
効果 製紙スラッジ灰造粒システムにより、食品・木質系の廃棄物や肥料等の配合を可能とする造粒物を安価に提供できる。廃棄物の有効利用に寄与する。
技術概要
 
製紙スラッジ灰を微粉砕処理した0.4mm以下のサイズの微粉砕物を、水分含有量35〜65重量%となるまでの加水注水のみにより造粒加工する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT