ガラス繊維混抄紙の製造方法及びガラス繊維混抄紙

開放特許情報番号
L2014000136
開放特許情報登録日
2014/1/22
最新更新日
2014/1/30

基本情報

出願番号 特願2004-128782
出願日 2004/4/23
出願人 紀州製紙株式会社
公開番号 特開2005-307405
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4472413号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 ガラス繊維混抄紙の製造方法及びガラス繊維混抄紙
技術分野 繊維・紙、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ガラス繊維混抄紙 ガラスペーパー
目的 界面活性剤等の親水性製紙原料の結合を阻害する可能性のある薬品を用いることなく、地合の良いガラス繊維混抄紙を製造可能とする。
効果 チョップドストランドガラス繊維の集束の解離が十分であり、弱酸性から中性域の抄紙系での湿式抄紙においても分散性が良く、ピンホールやガラス繊維塊状物の少ない地合の良いガラス繊維混抄紙を得ることが可能となる。
技術概要
 
パルプ繊維とチョップドストランドガラス繊維とを用いて湿式抄紙法により製造するガラス繊維混抄紙の製造方法において、前記チョップドストランドガラス繊維を、アンモニア水を用いて解離した後、ポリアクリルアミド変性物を添加して分散し、その後パルプ繊維と混合して抄紙する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT