表示・撮影装置

開放特許情報番号
L2014000051
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2009-132386
出願日 2009/6/1
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-278989
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5255522号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 表示・撮影装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 表示・撮影装置
目的 簡易な構成で、被写体への視野角が広く、自然な状態の被写体が含まれる視点補間画像を補間できる表示・撮影装置を提供する。
効果 光学素子や遮光手段を備える必要がないので、表示・撮影装置を簡易な構成とし、被写体への視野角を広くすることができる。また、被写体の任意視点(例えば、被写体が撮影手段を正面視した視点)の視点補間画像を補間できるので、視点補間画像に含まれる被写体が自然な状態となる。
さらに、2台の撮影手段がそれぞれ撮影した視点が異なる被写体画像から、正確な視点補間画像を補間できる。
技術概要
表示・撮影装置1は、表示手段12の周囲に配置され、互いに異なる位置から前記被写体を撮影することで、視点が異なる被写体画像をそれぞれ出力する第1撮影カメラ11aと第2撮影カメラ11bと、被写体に対して、被写体視認情報を提示する表示手段12と、第1撮影カメラ11aと第2撮影カメラ11bが出力した視点が異なる被写体画像から、補間処理によって、視点補間画像を補間する画像補間手段20と、視点補間位置を入力する視点入力手段30とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT