電子透かし検出装置

開放特許情報番号
L2014000050
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2009-130404
出願日 2009/5/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-278861
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5153723号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 電子透かし検出装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 電子透かし検出装置
目的 再撮耐性を有する電子透かしを活用してコンテンツの違法コピーを効率良く摘発するシステムを構築可能な電子透かし検出装置を得る。
効果 再撮又は再圧縮が施されても検出可能な再撮耐性を有する電子透かしを活用してコンテンツの違法コピーを効率良く摘発するシステムを構築でき、また、一方の埋め込みデータが他方の埋め込みデータを打ち消すような不具合が生じない。
技術概要
動画像コンテンツの原画像に対し、再撮又は再圧縮が施されても検出可能な電子透かしによって前記動画像コンテンツの当該動画像コンテンツ名及び前記動画像コンテンツの著作権者名のうちの少なくとも一方である著作権情報を埋め込む著作権情報埋め込み部と、
前記動画像コンテンツの原画像に対し、前記再撮又は再圧縮が施されても検出可能な電子透かしによって前記著作権情報の埋め込み有無を示すデータとして、前記動画像コンテンツの空間的又は時間的な位置合わせに使用する信号を利用したデータを埋め込むデータ埋め込み部とを備えた電子透かし埋め込み装置により前記著作権情報が埋め込まれた動画像コンテンツから当該著作権情報を検出する電子透かし検出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT