合成映像生成システム、照明制御装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2014000049
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2009-118724
出願日 2009/5/15
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-268285
公開日 2010/11/25
登録番号 特許第5227883号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 合成映像生成システム、照明制御装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 合成映像生成システム、照明制御装置及びプログラム
目的 前景となる被写体に対して、背景と同等となる所望の指向性のある照明量を計算して、前景への照明量の制御を行うことにより、背景のCG描画映像と前景となる被写体の映像との違和感のない合成映像を生成可能にする合成映像生成システム、照明制御装置及びプログラムを提供する。
効果 鏡面又はレンズ面を有する照明補助装置を介して、照明装置(例えば、プロジェクタ)からの光線の強度と指向性を制御することで、所望の照明量を被写体に照射することを可能とする。
また、前景の被写体とCG背景領域とが連動した指向性のある照明制御を実現することができ、バーチャルスタジオ内でCG描画映像と被写体の自然な合成が可能となる。
技術概要
バーチャルスタジオにおける実写の前景の映像及び合成対象の背景の映像を合成する合成映像生成システムであって、
バーチャルスタジオにおける前景となる被写体を撮影して前景の映像を生成する撮影カメラと、バーチャルスタジオにおける合成対象の背景の映像を生成する背景映像生成装置と、前記背景の映像と前記前景の映像とを合成して合成映像を生成する合成装置と、所定のデータに基づく照明量の光を照射する照明装置と、前記照明装置から当該被写体に照射するまでの光路を規定する照明補助装置と、
前記背景の映像と前記前景の映像における照明量の差に基づいて、被写体側の照明位置及び照明量を表す被写体側照明パターンを算出し、算出した被写体側照明パターンから前記照明補助装置を介して照射すべき照明方向及び照明量となる照明装置側照明パターンを前記所定のデータとして生成し、該照明装置用照明パターンにより前記照明装置が投射する光線方向及び照明量を制御する照明制御装置と、を備えることを特徴とする合成映像生成システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT