表示装置

開放特許情報番号
L2014000039
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2009-154727
出願日 2009/6/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-014972
公開日 2011/1/20
登録番号 特許第5193134号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 表示装置
目的 合成映像の制作時において、仮想対象物の高さ等の位置情報や仮想対象物の動き等の動作情報を出演者が目視できるように表示する表示装置を提供する。
効果 合成映像の制作時において、出演者は正しい位置に視線を向けることが可能となり、合成映像の品質が向上し、合成される被写体の動きに合わせた自然な演技やカメラワークが可能となるため、合成映像の品質が向上する。
様々なケーブルが交差するとともに、多くの精密機器が用いられる撮影スタジオ内において、表示装置の運用性を向上させるとともに、ケーブルと出演者またはカメラとの接触を防止することができるため、撮影時の安全性を向上させることができる。
技術概要
クロマキー処理を用いた合成映像の制作時において、出演者が目視可能な被写体位置情報を表示するための表示装置であって、
前記被写体位置情報を示す複数の光源を内部に配置した筒状体と、
前記筒状体を支持する支持体と、
前記光源の点灯及び消灯を制御する制御部と、を備え、
前記筒状体及び前記支持体の外装側が、前記クロマキー処理で用いられるクロマキーバックと同色で形成され、
前記光源は、前記クロマキーバックと同色に検出される光量で点灯するか、または前記クロマキー処理に影響を与えない撮影カメラの非撮影期間内に点灯することを特徴とする表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT