符号化前処理装置、符号化装置、復号装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2014000031
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2009-147860
出願日 2009/6/22
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2011-004342
公開日 2011/1/6
登録番号 特許第5173946号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 符号化前処理装置、符号化装置、復号装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 適応的符号化技術
目的 動きシーンにおける動画像を適応的に符号化するための符号化前処理装置、符号化装置、復号装置及びプログラムを提供する。
効果 本発明によれば、広視野の超高精細動画像で問題を生じやすい高速動きシーンにおける画質劣化を防ぐことができ、簡便且つ効果が高い符号化技術を提供することができる。
将来のスーパーハイビジョンだけではなく、現在のハイビジョンでも同様の問題が発生しがちなサッカーやバスケットボール中継等の高速パンなどの符号化技術の用途に有用である。
技術概要
本発明の符号化前処理装置1は、或るフレーム画像について所定のブロックサイズで複数の画素ブロックに分割するブロック分割部21と、画素ブロックの各々における動きベクトルを算出する動き探索処理部22と、全ての動きベクトルについて、所定数の動きベクトル候補クラスタとして識別可能に分類するクラスタリングを行うとともに、当該画像フレーム間の動き速度を算出する動きベクトルクラスタリング処理部23と、当該画像フレームが広領域・高速動きのフレームであるか否かを判定し、広領域・高速動きのフレームである場合には、このフレーム画像を、強制的にフレーム内符号化を施すべきフレームとして決定する広領域・高速動き判定部24とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT