セルロース繊維含有成形体の製造方法

開放特許情報番号
L2014000028
開放特許情報登録日
2014/1/13
最新更新日
2014/1/13

基本情報

出願番号 特願2006-343215
出願日 2006/12/20
出願人 北越紀州製紙株式会社
公開番号 特開2008-155380
公開日 2008/7/10
登録番号 特許第5032106号
特許権者 北越紀州製紙株式会社
発明の名称 セルロース繊維含有成形体の製造方法
技術分野 繊維・紙、有機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 紙と樹脂とからなる成形体 ペレット等
目的 粉砕されたセルロース繊維の混練作業性を改善し、またセルロース繊維を多く含有していても熱黄変及び焼け臭気の発生を防止しうるセルロース繊維含有ペレットを製造する
効果 真空成形又は真空圧空成形での成形性を改善でき、表面がつや消し調で独特な風合いとやわらかい質感とすることができる。粉砕セルロース繊維の計量性を改善でき、また熱黄変及び焼け臭気の発生を防止して混練作業性を改善できる。
技術概要
 
セルロース繊維とエチレン・α−オレフィン共重合体とを高温化で混練し、圧縮造粒機でペレットとし、このペレットとエチレン・プロピレンランダム共重合体との混合物をシート化し、このシートとポリオレフィンフィルムとを積層し、更に延伸、真空形成する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT