背負い鞄

開放特許情報番号
L2014000010
開放特許情報登録日
2014/1/8
最新更新日
2014/1/8

基本情報

出願番号 特願2010-275914
出願日 2010/12/10
出願人 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
公開番号 特開2012-120786
公開日 2012/6/28
登録番号 特許第4677513号
特許権者 丹羽 敏宏、丹羽 昌子
発明の名称 背負い鞄
技術分野 生活・文化
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 背負い鞄
目的 重い鞄本体を背負っても、首、肩、上腕付け根、腰、背骨、胸郭部等に加わる負担が抑えられ、楽な歩行が可能になる背負い鞄を提供する。
効果 重い鞄本体を背負ったときでも、両肩や背骨や腰に加わる負担が抑えられ、鞄本体が後に引っ張られることによる歩行困難も解消される。
また、背負いベルトにより両肩で支える鞄本体の重さがさらに軽減される。
さらに、路面の突起等の障害物によって体勢が不安定になったとき、すぐに両手を地面や壁等につけたり握ったりすることができるため、転倒等による事故を効果的に防止できる。
技術概要
鞄本体11の前後両面11a,11bに取り付けられた一対の引張ベルト部25,29は、一対の長尺リボン状の布が略X字状に配置されて両下端側が鞄本体11の底面側で一体になっており、両上端側が鞄本体11の上側側部で連結されて鞄本体に長手方向に摺動可能に取り付けられた一対の環状部26,31と、環状部26,31のそれぞれ一方の上端側から後面側に延びた一対のストレート部28,33とからなる。ストレート部28,33の各先端位置には環状の引張リング部35,36が取り付けられている。ストレート部28,33の先端近傍位置には、長尺状で伸縮可能なズボン吊上げベルト38,39が一端にて取り付けられ、他端にズボンPの上縁に着脱自在に取付け可能なクリップ38b,39bを有する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 愛知県知的所有権センター

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT