撮像装置

開放特許情報番号
L2013002602
開放特許情報登録日
2013/12/23
最新更新日
2013/12/23

基本情報

出願番号 特願2009-004999
出願日 2009/1/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-166156
公開日 2010/7/29
登録番号 特許第5116700号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ダイナミックレンジの広い撮像技術、撮像装置
目的 従来よりもダイナミックレンジを容易に拡大することができる撮像装置を提供する。
効果 撮像素子の受光面を複数領域に分割した分割領域毎に撮像手段への入射光量が制御されることになり、撮像に関係し、通常のダイナミックレンジの撮像素子を使用しながら、広ダイナミックレンジの撮像を可能にすることができる。
また、本発明の撮像装置は、複雑な合成の処理を必要としないので、実現が容易である。
技術概要
受光面に入射された被写体光Pに基づき複数画素からなる画像を撮像する撮像素子4と、撮像素子4の受光面を分割してなる分割領域毎に撮像素子4へ入射される入射光の光量を制御する反射型の液晶パネル14と、撮像素子4が撮像した画像を表す撮像素子出力Cと液晶パネル14を制御する液晶パネル制御信号Lとに基づいて出力映像信号Mを算出して出力するとともに、撮像素子出力Cに応じて液晶パネル制御信号Lを出力する信号処理回路18とを備えている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT