糖結合型スピロクラウンエーテル誘導体

開放特許情報番号
L2013002557
開放特許情報登録日
2013/12/19
最新更新日
2013/12/19

基本情報

出願番号 特願2008-061715
出願日 2008/3/11
出願人 公益財団法人野口研究所
公開番号 特開2009-215242
公開日 2009/9/24
登録番号 特許第5394645号
特許権者 公益財団法人野口研究所
発明の名称 糖結合型スピロクラウンエーテル誘導体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 糖結合型スピロクラウンエーテル誘導体、およびその製造法
目的 ヘミケタール構造のアノマー炭素原子をクラウンエーテルの環状炭素原子に含み、糖分子とクラウンエーテルがスピロ構造となる糖結合型スピロクラウンエーテル誘導体、およびその製造法を提供する。
効果 クラウンエーテル構造を持つことから、タンパク質中のアミノ基と結合して、タンパク質の物性や機能を改変するような性質を持ち、さらに糖分子を有することで、特定のタンパク質を選択することが出来ることから、DDSとしての利用が高まり、新しい医薬として重要な化合物になると考えられる。
技術概要
 
2,3,4,6-トリ-O-ベンジル-1C-ビニル-α-D-グルコピラノースと、エチレングリコール誘導体を用い、ビスマス(III)トリフレートを活性化剤に用いることで、糖結合型スピロクラウンエーテル誘導体を製造することができた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT