二本鎖糖分岐シクロデキストリン誘導体

開放特許情報番号
L2013002553
開放特許情報登録日
2013/12/19
最新更新日
2013/12/19

基本情報

出願番号 特願2005-249212
出願日 2005/8/30
出願人 公益財団法人野口研究所
公開番号 特開2007-063355
公開日 2007/3/15
登録番号 特許第4870400号
特許権者 公益財団法人野口研究所
発明の名称 二本鎖糖分岐シクロデキストリン誘導体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 糖分岐シクロデキストリン
目的 薬剤包接能が高い、シクロデキストリン誘導体の提供。
効果 アントラキノン系の薬剤は、ドキソルビシン、イダマイシン、ダウノマイシンやラビルビシン等が知られ、抗生物質や制癌剤や抗癌剤として作用する。本発明の二本鎖糖分岐シクロデキストリン誘導体は、これらのアントラサイクリン系の薬剤に対する包接力が強く、標的医薬輸送システムの薬剤キャリアとしての利用が期待される。
技術概要
 
シクロデキストリンと糖分子を結合させるスペーサーに芳香族基を有し、この糖分子結合型スペーサーを2分岐、シクロデキストリンに導入したシクロデキストリン誘導体では、アントラサイクリン系の制癌性抗生物質であるドキソルビシンを従来に見られない高い会合定数で、包接できることを明らかにした。生体内でアントラサイクリン系の医薬を強固に保持して輸送する機能を持ち併せた医薬輸送キャリアを開発の成功し、その簡便な製造法を確立した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT