フルクトフラノシド誘導体とその製造法

開放特許情報番号
L2013002546
開放特許情報登録日
2013/12/19
最新更新日
2013/12/19

基本情報

出願番号 特願2007-061101
出願日 2007/3/9
出願人 公益財団法人野口研究所
公開番号 特開2008-222617
公開日 2008/9/25
登録番号 特許第5155578号
特許権者 公益財団法人野口研究所
発明の名称 フルクトフラノシド誘導体とその製造法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 フルクトフラノシド誘導体の製造法
目的 オリゴフルクトフラノース誘導体とアルコールとを、温和な反応条件下で反応させて、フルクトフラノシド誘導体を効率良く製造する。
効果 オリゴフルクトフラノシル アシレート体あるいは、オリゴフルクトフラノース体とアルコールとを僅か数モル%から数十モル%のパーフルオロアルキルスルホン酸金属塩を活性化剤に用いるだけで、温和な反応条件下、フルクトフラノシドが効率良く製造することができる。本発明は、活性化剤を激減させることができ、毒性の心配もない。また、基質を過剰に用いる必要がない。
食品添加剤、医薬や農薬、さらには酵素基質として期待されるフルクトフラノシド誘導体(含有非還元性オリゴ糖)を効率良く製造することができる有用な方法を提供できる。
技術概要
 
D−フルクトフラノースの2位のアノマー水酸基を除く1、3、4、6位の水酸基に一つ以上のアルドヘキソースがグリコシド結合したフルクトフラノース誘導体とアルコールとを、パーフルオロアルキルスルホン酸金属塩を用いて反応させるフルクトフラノシド誘導体の製造法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT