発音体

開放特許情報番号
L2013002470
開放特許情報登録日
2013/12/9
最新更新日
2013/12/9

基本情報

出願番号 特願2008-127563
出願日 2008/5/14
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-278377
公開日 2009/11/26
登録番号 特許第5134431号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 発音体
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 発音体
目的 導電率の低い電極材料を使用した際にも、優れた音響特性を有する発音体を提供する。
効果 本発明の発音体によれば、音響特性が優れたものとなる。そして、周縁に電極端子が設けられた発音体においては、音響特性が特に優れたものとなる。
経済性および安全性に優れ、高電位による感電がより一層防止されるため、安全性がより一層優れる。
本発明の発音体は、家庭環境に柔軟に適応できる薄型かつ軽量のスピーカに好適に利用される。
技術概要
電界強度に応じて伸縮、または動作するエラストマーまたは圧電ポリマーからなるシート状の振動部2と、振動部2の両面に設けられ電界強度を発生させる導電性高分子からなる一対の電極3a、3bと、電極3a、3bに設けられた電極端子4とを備える発音体1Aであって、振動部2は、電極端子4からの距離が大きくなると振動部2の厚みが薄くなるように構成されていることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT