MIMO送信装置、受信装置およびシステム

開放特許情報番号
L2013002461
開放特許情報登録日
2013/12/9
最新更新日
2013/12/9

基本情報

出願番号 特願2008-296248
出願日 2008/11/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-124259
公開日 2010/6/3
登録番号 特許第5149130号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 MIMO送信装置、受信装置およびシステム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 デジタル信号の無線伝送技術
目的 生成多項式を用いた符号化により複数の系列信号が生成され、MIMO−OFDM伝送方式によりOFDM信号が伝送されるシステムにおいて、誤り訂正復号による誤り訂正の効果を充分に得ることを可能とする。
効果 MIMO送信装置により送信された信号を送信系統毎に受信するOFDM受信装置において、送信系統間の信号の誤りには偏りがあったとしても、符号化により生成されたそれぞれの系列間の信号の誤りには偏りがないから、誤り訂正復号による誤り訂正の効果を充分に得ることができる。
技術概要
端末装置100は、複数の生成多項式を用いて符号化を行い、複数の系列信号を生成する内符号符号化部113と、符号化部113により生成された複数の系列信号のそれぞれを、複数の送信系統に均等に分配する送信信号分配部114とを備える。これにより、特定の送信アンテナ101のRF部の性能が劣化している場合や、特定の伝搬路特性が劣化している場合であっても、OFDM信号を受信する基地局装置200において、符号化により生成されたそれぞれの系列信号の誤りには系列間において偏りがない。したがって、通常のSISO伝送の場合と同様に、誤り訂正復号による誤り訂正の効果を充分に得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT