撮像装置

開放特許情報番号
L2013002459
開放特許情報登録日
2013/12/9
最新更新日
2013/12/9

基本情報

出願番号 特願2008-286859
出願日 2008/11/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-114763
公開日 2010/5/20
登録番号 特許第5123826号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 撮像装置
目的 超高速度撮像の長時間化を図ることができ、さらに、超高速度撮像を実行中の映像と同じ映像が取得できる撮像装置を提供する。
効果 本発明は、超高速度撮像の長時間化を図ることができ、さらに、超高速度撮像を実行中の映像と同じ映像が取得できるという効果を有する撮像装置を提供することができるものである。
技術概要
被写体からの光を入射して複数の被写体光に分離する光分離手段と、前記複数の被写体光をそれぞれ受光して前記被写体を撮像する複数の撮像手段と、予め定められた所定時間間隔の撮像を前記複数の撮像手段ごとに順次行わせる駆動手段と、前記複数の撮像手段によってそれぞれ得られた撮像信号を撮像順に結合する撮像信号結合手段とを備え、
前記駆動手段は、外部トリガ信号が入力されたとき、及び前記複数の撮像手段ごとに前記所定時間間隔の撮像を終了したときにトリガ信号を発生するトリガ信号発生手段を備え、
前記トリガ信号に基づいて前記複数の撮像手段のそれぞれに前記所定時間間隔による撮像を開始させるものであることを特徴とする撮像装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT