緑色発光蛍光体及び無機EL素子

開放特許情報番号
L2013002452
開放特許情報登録日
2013/12/9
最新更新日
2013/12/9

基本情報

出願番号 特願2008-221184
出願日 2008/8/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-053280
公開日 2010/3/11
登録番号 特許第5113675号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 緑色発光蛍光体及び無機EL素子
技術分野 化学・薬品、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 緑色発光蛍光体及び無機EL(エレクトロルミネッセンス)素子
目的 希土類元素を使用しない安定供給可能な緑色蛍光体、及びこれを用いた無機EL(エレクトロルミネッセンス)素子を提供する。
効果 希土類元素を使用しない安定供給可能な緑色発光をする蛍光体、及びこれを用いた無機EL素子を提供することができる。
本発明に係る緑色蛍光体は、従来の高価なユーロピウムやセリウムのような希土類元素の代替としてそれよりも安価なビスマスおよびマンガンを用いることによって、同等の波長域である緑色に発光特性のある半値幅の狭い蛍光を発する。このような緑色蛍光体は、照明およびディスプレイ用の蛍光体として、また、演色性の優れた白色光の光源の一つとして好適に適用できる。
技術概要
一般式M↑1M↑2↓2S↓4(但し、M↑1はCa↓XSr↓(1−X)(0≦X≦1)、M↑2はGa↓YAl↓(1−Y)(0≦Y≦1))で表される化合物に、ビスマスを含むことを特徴とする緑色発光する蛍光体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT