識別情報出力装置およびそのプログラム、プログラム送信装置並びにICカード

開放特許情報番号
L2013002451
開放特許情報登録日
2013/12/9
最新更新日
2013/12/9

基本情報

出願番号 特願2008-227444
出願日 2008/9/4
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2010-061468
公開日 2010/3/18
登録番号 特許第5123794号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 識別情報出力装置およびそのプログラム、プログラム送信装置並びにICカード
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 識別情報出力装置およびそのプログラム、プログラム送信装置並びに識別情報が印刷されたICカード
目的 1つの個人情報に紐付けられる複数の独立な識別情報を自由に組み合わせて自動的に読み取らせることができる技術を提供する。
効果 各送信用データをグループ化することができる。そのため、1つの個人情報に紐付けられる複数の独立な識別情報を自由に組み合わせて自動的に読み取らせることができる。そして、ユーザの個人情報を管理する側に対して、この読み取った複数の独立な識別情報を伝えることで、例えば、B−CASカードのカード固有番号についての2枚目以降のユーザ登録において、登録済みの個人情報を入力する手間を省くことができるので、視聴者の利便性が向上する。
技術概要
共通のパリティデータがそれぞれ割り振られた複数の独立な識別情報をグループ化する連結読み取り可能な読取装置が読み取り対象とする情報として、所定のユーザについての個人情報と紐付けられる識別情報を、当該識別情報に基づいて生成したパリティテキストと共に出力する識別情報出力装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT