改変蛍光蛋白質

開放特許情報番号
L2013002433
開放特許情報登録日
2013/12/6
最新更新日
2016/4/1

基本情報

出願番号 特願2012-516252
出願日 2011/11/10
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2012/063897
公開日 2012/5/18
登録番号 特許第5076037号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 改変蛍光蛋白質
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 改変蛍光蛋白質
目的 液体内の圧力を計測できる改変蛍光蛋白質を提供する。
効果 本発明の改変蛍光蛋白質によれば、生体内の圧力変化の可視化を行うことができ、非侵襲的に、すなわち、細胞等の生試料や生体に対して損傷を加えることなく、蛍光変化によりその圧力が経時的に計測可能となる。また、本発明の改変蛍光蛋白質が存在する液体に加わる圧力変化を容易に検出することができる。
本発明は、例えば、深海調査の分野、細胞生物学の分野、分子イメージングの分野、医療・診断薬分野、及び蛋白質の構造解析分野などにおいて有用である。
技術概要
本発明は、クラゲ由来の野生型蛍光蛋白質又は前記野生型蛍光蛋白質に由来する蛍光蛋白質のアミノ酸配列の144番目と145番目との間に相同する位置にペプチドリンカーが挿入されている改変蛍光蛋白質であって、前記改変蛍光蛋白質が存在する液体に加えられる圧力の変化に応じて前記改変蛍光蛋白質の蛍光特性が変化することを特徴とする改変蛍光蛋白質、好ましくは、前記液体に加えられる圧力の上昇に応じて前記蛍光強度が上昇する改変蛍光蛋白質に関する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT