金属コーティング方法

開放特許情報番号
L2013002424
開放特許情報登録日
2013/12/5
最新更新日
2015/6/24

基本情報

出願番号 特願2011-082834
出願日 2011/4/4
出願人 独立行政法人理化学研究所
公開番号 特開2011-132606
公開日 2011/7/7
登録番号 特許第4953488号
特許権者 国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 金属コーティング方法
技術分野 金属材料
機能 表面処理、材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 金属コーティング方法および金属リングの製造方法
目的 リング状の金属構造やメッシュ状の金属構造を容易に作成することを可能とする。
効果 メッシュ状の金属構造を容易に作成することが可能となる。得られたメッシュ状の金属構造は、微粒子のサイズ程度の波長を持つ電磁波を遮蔽する効果を持つので、電磁シールドに応用可能である。また、一度に大量のリング状の金属構造を作成することが可能である。
リング状の金属構造(金属リング)は、メタマテリアルを構成する微小光共振器に利用することができる。メッシュ状の金属構造は、電磁シールドとして利用することができる。
技術概要
ビーズを2枚の基板で挟んで押しつぶした状態で、メッキ処理を施すことでビーズの側面に金属コートが施されリング状の金属構造が得られる。使用するビーズの形状を選ぶことで、円環状、三角環状などの形状の金属構造を得ることができる。ビーズをポリマー溶液に入れてガラス基板上に滴下することで、ビーズの凝集を防いで欠けのないリング状の金属構造を作成できる。また、同様の方法により基板に対してメッシュ状の金属コーティングを施すことができる。この場合、ビーズを水に混ぜて滴下することで、自己組織化によってビーズを整列させることができ、メッシュ状の金属コーティングが得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT