アンジュレータ磁石列およびアンジュレータ

開放特許情報番号
L2013002422
開放特許情報登録日
2013/12/5
最新更新日
2015/6/24

基本情報

出願番号 特願2011-021205
出願日 2011/2/2
出願人 独立行政法人理化学研究所
公開番号 特開2012-160408
公開日 2012/8/23
登録番号 特許第5649058号
特許権者 国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 アンジュレータ磁石列およびアンジュレータ
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 アンジュレータ、アンジュレータに用いられる磁石列
目的 放射光の波長を大きく変えることが可能なアンジュレータ磁石列、および、そのようなアンジュレータ磁石列を備え、放射光の波長を広い範囲の中から選択することが可能なアンジュレータを提供する。
効果 本発明のアンジュレータ磁石列によれば、着磁周期λ↓Fの1/2に相当する波長と着磁周期λ↓Fに相当する波長を、切り替えることが可能であり、選択可能な放射光の波長の範囲が広い。
また、本発明のアンジュレータによれば、得られる放射光の波長を容易に変化させることが可能であり、様々な波長の放射光を簡便に利用することが可能である。その結果、放射光の研究あるいは実用への制約が軽減され、大規模な放射光施設をより有効に利用することが可能になる。
技術概要
対向する2つのアンジュレータ磁石列は、磁石の配列方向における相対位置が可変であり、着磁周期の前半および後半それぞれによって、着磁周期の1/2の周期の磁場を形成し、着磁周期の全体によって、着磁周期と同じ周期の磁場を形成するように着磁されて、両者の合成磁場を形成する。磁石の配列方向における2つのアンジュレータ磁石列の相対位置のずれ量によって、磁場合成の割合が調整される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT