ポリケチド化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2013002416
開放特許情報登録日
2013/12/5
最新更新日
2016/10/20

基本情報

出願番号 特願2011-178620
出願日 2011/8/17
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2013-039081
公開日 2013/2/28
登録番号 特許第5999676号
特許権者 国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 ポリケチド化合物の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ポリケチド化合物の産生増強剤及びLuxRファミリー転写因子遺伝子の発現増強剤、二次代謝産物の産生を増強する方法
目的 放線菌のバイオメディエーター化合物の提供。
効果 本発明の化合物を用いたポリケチド化合物などの二次代謝産物の生産は、ゲノム情報の解析や個々の放線菌についての形質転換系の開発の必要もなく応用範囲が広い。また、本発明の化合物は、医薬、農薬などとして利用される可能性が高いポリケチド化合物などの二次代謝産物の産生を容易に誘導又は増強することが出来る。
また、LuxRファミリー転写因子遺伝子の発現を増強することにより、放線菌の二次代謝産物の生産性を効率よく増大することが出来る。
技術概要
放線菌におけるポリケチド化合物の産生増強剤であって、一般式(A)で表される化合物を含むことを特徴とする、前記増強剤。
(式中、R↑1は各々独立にハロゲン原子、OCH↓3又はNO↓2を表し;R↑2はCONH↓2又はCONH(CH↓2)↓x−R’を表し;xは0〜5の整数を表し;R’はOH又はOCOR”を表し;R”はCH↓3又はC↓2H↓5を表し;nは0〜2の整数を表す。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT