新規な非天然型アミノ酸、及びその利用

開放特許情報番号
L2013002414
開放特許情報登録日
2013/12/5
最新更新日
2015/5/21

基本情報

出願番号 特願2011-253307
出願日 2011/11/18
出願人 国立研究開発法人理化学研究所
公開番号 特開2013-107842
公開日 2013/6/6
発明の名称 新規な非天然型アミノ酸、及びその利用
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、検査・検出
適用製品 光クロスリンク能を持つ新規な非天然型アミノ酸、及びその利用
目的 光クロスリンク能を持つ新規な非天然型アミノ酸、及びその利用を提供する。
効果 タンパク質の相互作用等の解析に利用可能な新規な非天然型アミノ酸及びその利用を提供することができるという効果を奏する。また、本発明の方法は、細胞内におけるタンパク質相互作用の解析を行うための分析用、研究用試薬のみならず、治療薬、診断薬、農薬、光機能性素材等の開発においても有用である。
技術概要
式(1)で示される、
(式(1)中で、nは1以上で3以下の整数を表し、
R1、R2、R3及びR4は、互いに独立に、水素原子、ハロゲン原子、水素原子の一部又は全部がハロゲン原子に置換されていてもよい炭素数1〜3の炭化水素基、水素原子の一部又は全部がハロゲン原子に置換されていてもよい炭素数1の脂肪族アジド基、又はアセチル基を表し、
R5は、水素原子の一部又は全部がハロゲン原子に置換されていてもよい炭素数1〜3のアルキル基、水素原子の一部又は全部がハロゲン原子に置換されていてもよい炭素数1の脂肪族アジド基、又は水素原子を表す)
化合物。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT