分散処理方法および分散処理システム

開放特許情報番号
L2013002407
開放特許情報登録日
2013/11/28
最新更新日
2013/12/19

基本情報

出願番号 特願2001-072907
出願日 2001/3/14
出願人 株式会社日本総合研究所
公開番号 特開2002-269060
公開日 2002/9/20
登録番号 特許第4612961号
特許権者 株式会社JSOL
発明の名称 分散処理方法および分散処理システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ネットワークを介して相互に接続された複数のマシンによる分散処理およびその制御
目的 各クライアントが、アプリケーションを対面して使用可能な状態に保ちつつ、その処理能力を効率的に利用して、全体として高い処理能力を持たせることが可能なシステムを提供する。
効果 各クライアントが、アプリケーションを対面して使用可能な状態に保ちつつ、その処理能力を効率的に利用して、全体として高い処理能力を持たせることが可能なシステムを提供することが可能となる。
技術概要
ネットワークを介して複数のクライアントが接続された環境で、ロードバランサ16は、各クライアント12-1、12-2、・・・から伝達された状態を、クライアントと関連付けて記憶する。ロードバランサー16は、例えば作業の依頼主となるクライアント12-1からの要求に応答して、記憶された状態を参照して、作業依頼を受諾可能なクライアントを示す情報を送信し、クライアント12-1からの作業依頼を、他のクライアント12-iに転送する。他のクライアント12-iから、作業を受諾可能か否かを示す判断結果や作業終了の通知を受理して、判断結果や通知をロードバランサ16を介してクライアント12-1に伝達するとともに、他のクライアント12-iの状態を更新する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 JSOL

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT