ハンドル吊式駐輪装置

開放特許情報番号
L2013002366
開放特許情報登録日
2013/11/26
最新更新日
2013/11/26

基本情報

出願番号 特願2012-071138
出願日 2012/3/27
出願人 小林 行紘
登録番号 特許第5281173号
特許権者 小林 行紘
発明の名称 ハンドル吊式駐輪装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 駐輪装置
目的 前記背景技術の中で述べた装置における、自転車の載置の安定性と容易性の欠如を改善する、駐輪装置を提供する。
効果 一般的には、駐輪装置の載置方法は、自転車の前輪下部のタイヤとフォークを挟んで、楔状に落として支持する機能が殆どであるのに対し、本発明は其れとは逆に、上部のハンドルの左右を吊りあげて支持するものである為に、非常に安定した載置状況を可能としていて、構造が簡単であり、丈夫で頑丈な作りとなっており、製造コストも安価で有り、設置条件を選ばない施工方法をとっているので多目的で全天候型、駐輪装置に適している。
技術概要
L字状架台の左右に垂設するパイプに嵌合する吊体フレームの前方に、先端部が自転車ハンドルの両脇を下側から水平に支持する棒状ハンドル支持体を揺動自在に設け、前記吊体フレームの上部水平部と前記棒状ハンドル支持体の左右に跨る棒体の中央部との間を連結する棒状体の一端を前記吊体フレームにフックにより係止させ、他端を前記棒体に回転自在に結合させて成るハンドル吊式駐輪装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT