画像信号処理装置

開放特許情報番号
L2013002362
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2007-307419
出願日 2007/11/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-167418
公開日 2008/7/17
登録番号 特許第5145017号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 画像信号処理装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像信号処理装置
目的 簡易な構成で超高精細画像を表示することのできる画像信号処理装置を提供する。
効果 被写体像を構成する画素毎に輝度信号を処理し、複数の画素を合成した合成画素毎に色相信号を処理することにより、表示可能な輝度レベルを改善することができるという効果を有する画像信号処理装置を提供することができる。
本発明によれば、表示可能な階調数を増加するとともに色ずれを解消することが可能となる。また、エッジを検出することによって、解像度を向上することが可能となる。
技術概要
被写体を構成する画素のRGB値を逆ガンマ補正してリニアRGB値を算出するリニアRGB値算出手段11と、リニアRGB値に基づいて画素毎にリニア輝度を算出するリニア輝度算出手段12と、リニアRGB値およびリニア輝度に基づいて画素毎の補正リニア輝度および当該画素を含む複数の画素を合成した合成画素の補正リニアRGB値を算出する補正リニア画像値算出手段14と、補正リニア輝度をガンマ補正して表示用輝度を算出する表示用輝度算出手段15と、補正リニアRGB値をガンマ補正して表示用RGB値を算出する表示用RGB値算出手段16とを含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT