ビデオコンテンツ再生端末およびビデオコンテンツ再生プログラム

開放特許情報番号
L2013002358
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2014/3/25

基本情報

出願番号 特願2007-221556
出願日 2007/8/28
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-055466
公開日 2009/3/12
登録番号 特許第5196635号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ビデオコンテンツ再生端末およびビデオコンテンツ再生プログラム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ビデオコンテンツ再生端末、ビデオコンテンツ再生プログラム
目的 利用者が希望する動画像の再生位置まで動画像のコンテンツの早送りや巻戻しを円滑に行い得るような仕組みを提供する。
効果 利用者が希望する動画像の再生位置まで動画像のコンテンツの早送りや巻戻しを円滑に行えるようにすることができる。
字幕のテキストデータは一括して受信する一方で、サムネイル画像データはオンデマンドで受信するようにすることで、上下の操作に対するスクロールの追随性を高めるとともに、携帯電話端末30のメモリリソースを効率的に利用することができる。
また、巻戻しおよび早送りの操作性をより向上させることができる。
技術概要
操作手段と、通信手段と、表示手段と、記憶手段と、ビデオコンテンツをなす一連のフレーム画像と対応する字幕を示すテキストデータとタイムコードの各対を記憶させる第1の制御手段と、字幕の早送りまたは巻戻しの指示が下されるたびに字幕を切り換えるとともに、切り換え後の字幕のテキストデータと対をなすタイムコードを含むリクエストを通信手段を介して発信する第2の制御手段と、リクエストに含まれるタイムコードが示す時間軸上の位置以降での再生が予定される一連のフレーム画像を字幕とともに表示手段に表示させる第3の制御手段とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT