データ放送表示装置、データ放送表示方法およびデータ放送表示プログラム

開放特許情報番号
L2013002352
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2007-162020
出願日 2007/6/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2009-004932
公開日 2009/1/8
登録番号 特許第5231758号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 データ放送表示装置、データ放送表示方法およびデータ放送表示プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 データ放送表示装置、データ放送表示方法およびデータ放送表示プログラム
目的 データ放送において、画面が階層化され、かつ、リモコンのキー操作によって画面遷移を行う場合であっても、画面表示を高速に処理することが可能なデータ放送表示装置、データ放送表示方法およびデータ放送表示プログラムを提供する。
効果 視聴者がデータ放送コンテンツを選択した段階で、素早くコンテンツを表示することができる。また、データ放送コンテンツが階層化されている場合であっても、選択されたコンテンツを高速に表示することができる。
画像データによって、コンテンツを視聴可能とし、その後、コンテンツ記述言語による制御を行うため、視聴者は、素早いコンテンツの視聴とコンテンツの遷移動作とを併せて享受することができる。
視聴した回数が多いコンテンツだけを、画像データとして素早く提示することができ、よく視聴するコンテンツを素早く視聴することができる。
技術概要
データ放送表示装置1は、ストリームデータからコンテンツ記述言語を抽出する解析手段10と、抽出されたコンテンツ記述言語に基づいて、コンテンツを画像データとして生成し、画像データ記憶手段12に記憶する画像データ生成手段11と、画像データとコンテンツとを対応付けた対応テーブルを生成し、対応テーブル記憶手段14に記憶する対応テーブル生成手段13と、コンテンツが選択された際に、対応テーブルに基づいて、選択されたコンテンツに対応する画像データを、画像データ記憶手段12から読み出して、表示データとして出力する表示処理手段15と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT