偏光装置、制御装置、及びプログラム

開放特許情報番号
L2013002351
開放特許情報登録日
2013/11/25
最新更新日
2013/11/25

基本情報

出願番号 特願2006-274321
出願日 2006/10/5
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2008-096461
公開日 2008/4/24
登録番号 特許第5253727号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 偏光装置、制御装置、及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 偏光装置、制御装置、及びプログラム
目的 撮影範囲内に複数箇所の特定反射面又は特定散乱空間が存在している場合に、各特定反射面又は特定散乱空間で反射又は散乱した特定反射散乱光を効果的に除去することのできる偏光装置、制御装置、及びプログラムを提供する。
効果 撮影範囲内に複数箇所の特定反射面又は特定散乱空間が存在している場合に、各特定反射面又は特定散乱空間で反射又は散乱した特定反射散乱光を効果的に除去することが可能となる。
CMOSイメージセンサや撮像管など種々のイメージセンサを使用したり、ビデオカメラに代えてスチルカメラを使用する場合についても適用可能である。この場合のスチルカメラとしては、ディジタル式や銀塩式など、種々の種類のカメラを使用可能である。
技術概要
偏光装置2であって、複数のブロックに分割され、該各ブロックは互いに透過偏光方向が異なる複数の部分偏光膜にさらに分割される偏光膜4と、上記ブロックごとに、該ブロックを構成する上記各部分偏光膜の通過光の光量を制御する制御装置7と、を含むことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT